上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.27 四食
四食と書いて、なんと読むかお分かりでしょうか?


答えは【しじき】(^^)d


四食にはよっつあります。

1.段食【だんじき】


これは、食べることにより人はよくなる、


食の恵みを頂かないと生きていけないという意味。


我々は食事を頂くとき


『いただきます』と言いますよね!


それは目の前の食事に感謝をし、


食のいのちを頂くということです。


その【いただきます】でさえ、


宗教の考えだからだとか、

給食費を払ってるんだからいう必要ないなど


ある県では抗議をした親御さんがいらっしゃるとか
Σ(゜д゜;)


びっくりですΣ( ̄◇ ̄*)


2.識食【しきじき】


これは、学ぶことで人間になれる、


学ばないと人間にはなれないという意味。


我々は憧れの人がいたらすぐ真似をしたがりますよね!


私もそうです(笑)


茂樹さまの影響で、


家電やハングル語、資格などに興味を持ち、


まずは真似るということから入り、


次に学ぶ、


つまり学習していきますよね。


その習という字。


分解すると羽に白と書きます。


雛鳥が親鳥を真似る姿を例えているそうです。


親鳥は飛ぶとき、


羽の根本が見えるくらい、大きく翼を広げます。


そのとき羽の根本が白く見えるそうで、


雛鳥は、白く見えるくらい大きく広げれば飛べるんだと学びます。


それを真似て雛鳥は飛べるようになるそうです。


姿をみてまねていく。


昔から【親の背中をみて子は育つ】といいますから


大切なことですね!


3.触食【しょくじき】


いろんな人と触れあうことで生きていけるという意味。


我々セラピストも


手を通してお客様と触れあい、


お客様と言葉をかわしながら癒しを頂いています。


相手を気遣かったり、


相手から気にかけられるということも触食です。


『うつ』という病、最近よく聞きますよね?


セレスタイトのお客様にもたくさんいらっしゃいます。


うつとは心の病であるとみなさん思ってませんか?


実は私もそうでした。


しかし、実際は


心の病が半分、脳(頭)の病が半分らしいです。


すべて我々は脳から指令を受けて行動し、生きています。


その脳の病を治さないと


うつは治らないそうです。

脳の病を治す方法とは?


それはまた次に続きます。

☆セレスタイト☆
Secret

TrackBackURL
→http://celestite420.blog32.fc2.com/tb.php/398-07365c95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。