上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100221203613



こちらが本堂です(^^)


まず始めにお経をみなさんと唱え、


その後少し休憩があり、


寿法さんの法話が始まりました
(*^-')b


いつも講座では


妙慶さんのお話を聞かせていただいているので


寿法さんの法話は初めて聞かせていただきました
(^-^)


今回のテーマは『自力と他力』


他力とは【人に任せる】という意味ではなく、


【仏さまのおおいなる力にお任せする】という意味だそうです。


しかし


我々は自我が強いからなかなか


【お任せする】ことができません。


我々は28~30歳くらいで


人生について考えが固まると言われているそうです。(ヨーロッパの考え)


そして、年齢を重ねるにつれ、


自分と違う考えや価値観が受け入れられなくなり、


ますます石のように固まってしまいます。


仏様は、石のように価値観が固くなる前に


仏さまのお話をよく聞きなさいと言っておられます。

【自力】とは、


【我が力をたのみ、

我が心をたのむなり】


と親鸞聖人は言っておられます。


つまり、


自分の考えを過信しすぎていないかという意味だそうです(・o・)


【固定観念】とよくいいますよね!


頭で学んではだめ。

考えを固めてしまうと成長はストップしてしまいます。


いい事は全て、


年齢に関係なく受け入れることが大切です。


そして、


自分と違うよい考えを与えてくれるのが【家族】です(^_^)/


自分を基準にしてしまうと

大切なものを見落としてしまいます。


自分の生き方を過信していると


受容力が乏しくなると同時に


心も狭くなり、生きる世界までも狭まります。


100%正しいと思っている考えがあぶなく、


そのときが相手を見失ってしまうとき。


しかし、


そういうときこそ、


相手と向き合うときなのだそうです。


なんでわかってくれないの?


と相手ばかりに変化を求めてしまうのはだめ。


相手を見失い、自分を見失ってしまいます。


まずは相手を最優先し、


自分を変えること。


それが大切です(^-^)


そして


わからないことをわかったことにしてしまうこと。


それも成長をストップさせ、


精神面の老化を始めるのだそうです。


以前


妙慶さんが出版記念のときに言われていた


【ありがとう】の反対は


【あたりまえ】なのです
(^^)


自分の力を過信せず、


【あたりまえ】のことを


【あたりまえでない】と思うこと。


そうすると、人を敬う心、

感謝の心が育っていくそうです
(^o^)


心に響く法話でした
(^^)d


その後、


机を丸くして


総代の田中さまの奥様手作りのニンジンスープと


お煎餅をいただきながら


法話を聞きにいらっしゃっていた方々同士


自己紹介し、


ディスカッションをしました
(^-^)b


いつも来られている方々と


妙慶さんの講座から参加された方、


妙慶さんの本をみて福岡からいらっしゃった方、


山口の周南市からいらっしゃっていた方や御近所の方、


私のように初めて参加された方が多く、


皆様心暖かく迎え入れてくださり、


私の質問にも丁寧に寿法さんは答えてくださりました。


とても有意義な時間を過ごすことができ、


行ってよかったです
(*^-')b


西蓮寺の方々から


ブログみてます(^^)d


と言われ、


恥ずかしかったですが、


すごく嬉しかったです
(^^)/


これからもよろしくお願いいたしますm(__)m


☆セレスタイト☆
Secret

TrackBackURL
→http://celestite420.blog32.fc2.com/tb.php/377-81c2347b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。