上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kouza


20100206203820



月に一度行われる、


僧侶川村 妙慶さんの講座

『心を耕す講座』に参加してきました(^^)/


今回のテーマは『法身(ほっしん)』


法身とは、働きのこと。


姿形はみえないけれど、


どこかで見てくださっている働きのこと。


例えば、亡くなった方や仏様など、


目には見えないけれど守ってくださっていること。


そのことを法身というそうです(^-^)b


人間はどうしても身分や肩書きなど


形というものを意識してしまいます。


形を意識するとは【表層】といい、


逆に


見た目ではわからない中身のことを【深層】といいます。


結果重視の世の中ですが


どうありたかったのかという願い=過程を大切にし、

形だけにとらわれず、


心の眼で見続けてほしい、

眼に見えない存在=法身を見つめてほしい、


と言われていました(*^^*)


みなさんは、


牛羊眼【ごようげん】


という言葉はご存じですか?


牛羊眼とは、牛や羊の眼のことで、


牛や羊は自分の鼻先しか見えないので


目先のことしか理解してなくて


回りの状況がわかってないということ。


初めて知りました
( 」´0`)


みな、自分の考えや経験が中心だと思っているので


相手を理解できないそうです。


同じ視線で何事も分かち合う、


共に手を繋いでいける


そんな風になりたいですね(^^)d


人間は


最初から結果を求めてしまいがちですが、


実はコツコツと歩んだ足跡が道になり、


結果へと繋がっていきます。


そして、無数のご縁により道ができていくのを忘れてはなりません。

みな、ご縁の中で生かされています。


私もたくさんの方々とのご縁によって、


今日生かされています。


そのことを忘れてはなりませんね(^-^)


それともうひとつ。


興味深いことをおっしゃっていました。


『南無阿弥陀仏』

という言葉、


一体どこで区切るのが正しいのかご存じですか?


正解は


『南無』 『阿弥陀仏』です!


『南無』とは、無意味。


『阿弥陀仏』とは、はかることができない。


つまり、


はかることができない、無意味なことをすべてお任せしていきましょうという意味だそうです(^^)


損得をすぐ計算してしまいますが、


意味があるとかないとか考えず、


力を抜いてお任せしていきましょうということです。

西の方をみて、


『南無阿弥陀仏』と唱えるといいそうですよ!


なぜ、西なのか?


それは、


西は西方浄土といい、


太陽が西に沈むように、


みな西に帰っていくからだそうです。


『南無阿弥陀仏』と西に向かって唱えてみてはいかがでしょうか?(^^)d


何か変わるかもしれませんね!


明日は、川村妙慶さんの出版記念会に参加してきます(^-^)b


講座でお友だち(みなさん、年上の方々ばかりなので、こんなこというのはおこがましいですが(^^ゞ)になった方々とお話できるのが楽しみです(^^)d


またブログにアップしますね!


☆セレスタイト☆
Secret

TrackBackURL
→http://celestite420.blog32.fc2.com/tb.php/360-6f5c5fd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。