上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100206001854



【エンゼルバンク~転職代理人~】に最近はまってます(^-^)b


毎回勉強になるんです
(*^-')b


今回は、


中高年の転職について。


みなさんは


【年功序列】という言葉はご存じですよね?


どんな意味だと思いますか?(^^)d


普通は、


みんなを出世させるシステムだと思いますよね?


でも実はちょっと違うんです(^_^ゞ


出世というニンジンをぶらさげて、


できるだけ長い時間


全力で社員たちを働かせるシステムなんだそうですよ(--;)


例えば、


仮に会社を活性化させようとして


若い人を部長にするとします。


すると、年上の人は働きにくくなり、


同年齢の人たちは自分は出世できないと目標を失ってしまいます。


そうすると、定年までぼんやり会社にいることになります。


それでは会社はつぶれてしまう(TT)


そこで、まずみんなを課長にして、期待を持たせます。


部長になれるというチャンスがあるから、


みんながんばって部長になろうとする。


課長は自分が出世するために部下も必死に働かせようとするから


一番大勢が働くシステムになる。


20100206001839



出世をエサに、


全力で社員を働かせる制度、


それが【年功序列】です
( ̄ー ̄)


20100206001848



日本の大企業の平均は、


40才前後で約70%~80%の人が課長になるそうです。

しかし、部長になれるのは

そのうちわずか20%(TT)


課長になって約10年。


ほんの一部が出世します。

だから中高年が会社で余ります。


彼らを養いきれなくなった会社は、


まず中高年からリストラします。


年功序列は最低の制度でしょうか?(´-ω-`)


いやいや、違います。


終身雇用が発達した、


日本の会社の力を最大限に発揮させるには


年功序列は素晴らしい制度だそうです。


今、中高年の方々はリストラにあい、


転職先を探している人がたくさんいます。


彼らが本当に求めているものは何なのか?


それを自分自身で見つめ直さない限り、


転職先を見つけることはできないそうです( ´△`)

会社に全身全霊を捧げ、


なにもかも犠牲にしたのに、


結局はリストラされる。


そんなとき、


今まで自分は会社のためにがんばってきたのに、


なんだったのだろうか?と

悩んでしまいます。


今までやってきたことを無駄にしたくない、


正当に評価してほしい、


そんな気持ちをもって転職しようとしても


まず見つからないそうです(;_;)


過去の栄光より、現在の自分が一番大事。


人は転職活動を始めた時点で相場に組み込まれるそうです。


そこで査定を受ける。


人の価値、つまり年収を決めるのは【相場】だそうです( ´∀`)/


そうした方が正当な判断を下せるそうです。


結局は人は年齢や資格でしか、判断できません。


相場に必要なものはわかりやすい基準だからこそ、物事を決定しやすい。


採用の面接官は初対面の人ですから、わかりやすい基準が必要なのですね。


それに評価の対象は現在の自分なのです。


だから、中高年の方に限らず、


転職するときは


自分が一体何をしたいのか、


自分自身と向き合って、


人の目や評価を気にせず、

自分のやりたいことにぶつかることです(^o^)/


年齢なんて関係ありません(^^)/


夢をみる力は、


いつか夢を叶える力になるそうですよ(*^^*)


私も会社員から転職した身ですf(^ー^;


転職してよかったと思っています(^^)d


それは、自分の好きなことが仕事にできているからだと思います(*^-')b


すぐには見つからないかもしれないけれど、


悩むことは無駄なことではないし、


必ず夢につながっているものだと私は信じています(^^)/


願いは必ず叶うんですよ
(^^)d


今回の【エンゼルバンク~転職代理人~】も素晴らしい内容でした(^o^)/


また来週が楽しみです♪


☆セレスタイト☆
Secret

TrackBackURL
→http://celestite420.blog32.fc2.com/tb.php/358-89d538a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。